恋愛に駆け引きは禁止?元彼とよりを戻すなら下手な駆け引きはしない方がマシですが、出来ることはした方が良いです。例えば、メールやLINE、電話や直接会う時、こうした機会があるなら駆け引き無しでは復縁は不可能です!

芸能人も殺到する無料占い!!

↓私はこれで復縁をしました↓

元彼とよりを戻すための効果的な駆け引きとは?

駆け引き=テクニックを駆使したこずるい方法とイメージされる方も多いと思います。
決してそうではありません。

 

復縁に必要な駆け引きの基本的な考え方は、「好意」を見せて「恋愛感情」を見せないということです。
好意を伝える言葉、たとえば「かっこいい」「尊敬している」「感謝している」などといった言葉は、どんどん使ってよい言葉です。

 

逆に、恋愛感情を匂わせる言葉、たとえば「会いたい」「一緒にいたい」「あなたがいなくて寂しい」などという言葉は、絶対に使ってはいけない言葉です。

 

好意を表す言葉と恋愛感情を表す言葉を区別する簡単な方法は、好意を表す言葉は友人に言ってもおかしくない言葉で、恋愛感情を表す言葉は恋人に言うべきで同性の友人に使うとおかしい言葉と認識してください。
では、さまざまなシチュエーションでの駆け引きについて紹介します。

 

 

メールを使った駆け引き

メールでの駆け引きでは、相手のペースに合わせず、マイペース感を出すことが大切です。
あまり重要でないメールにはあえて返信をしないとか、いちいちやりとりするのが面倒だと言って電話をするなどと言った行動が復縁には有効です。

 

そして、上記でも述べたように、好意は伝えて恋愛感情を見せないことが重要です。
具体的には、相手をものすごくほめる内容のメールを送りつつ、やりとりを自分で終わらせるような形が良いでしょう。
「あなたはとてもかっこいいし、人間的にも尊敬できる。自信をもって!ではまた!」というようなものが効果的です。

 

相手からすると、好意を持ってくれているのか?それとも社交辞令なのか?と不安になり、適度な緊張感をもってあなたを意識するようになります。

 

 

電話での駆け引き

電話で駆け引きをする場合、長電話は厳禁です。
相手がもう切るの?と思うぐらい短く終わらせ、用件だけを簡潔に述べるのがベストです。

 

ただし、相手のほうから相談をもちかける電話の場合は、親身になってあげることのほうが重要ですから、長電話もありです。
短い電話によって、相手に物足りなさを感じさせ、もっと話したい・会いたいと思わせることができます。

 

 

直接会ったときの駆け引き

直接会うときにも、長い時間を過ごす必要はありません。むしろ短時間で回数を重ねるほうが効果的です。
そして、そろそろ帰るというセリフは、相手に先に言われてしまう前に、あなたが切り出しましょう。

 

それによって、相手が寂しさを感じてくれるはずです。
絶対にしてはいけないことは、別れたあとに「今日はありがとう。楽しかった」などとメールを送ることです。

 

これをすると恋愛感情が伝わってしまいます。
別れ際に、「今日はありがとう。楽しかった」というようにしましょう。

 

 

おわりに

駆け引きというと難しいテクニックが必要なように感じますが、実は簡単です。
好意を見せるが、恋愛感情を見せないということを基本において、しつこくないさらっとした態度を心がければ、復縁の成功は間近です。

生年月日で、「彼と復縁できる可能性」を占います!
「彼は今、あなたのことをどう思っているか?」
「復縁するならいつか?」
も知ることができますので、復縁したい方も復縁を諦めた方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る