別れてしまった元彼とどうしてもやり直したい、でもどうしたらよりを戻せるの?と不安を抱えながら携帯を手にしていませんか?復縁が成功している女性のほとんどがLINEやメールをきっかけにしています。復縁メールの作り方、送り方をマスターして元彼とよりを戻しましょう!

芸能人も殺到する無料占い!!

↓私はこれで復縁をしました↓

絶対によりを戻す!復縁メール(LINE)の作り方とは?

別れてしまった人とどうしてもやりなおしたい……そう思いながら携帯を握りしめていませんか?
未送信のメールが溜まっている方もいるかもしれませんね。

 

連絡するのが怖いと足踏みしている方もいるかもしれませんが、復縁する為には連絡は必要不可欠です。
ここでは、その時に失敗しないで済む方法をご紹介します。

 

 

自分の事を語らない

絶対にしてはいけないメールの種類に自分語りのメールがあります。
別れてしまった時に自分がどう思ったのか、これまでどんな風に過ごしてきたのか。

 

伝えたくなる気持ちは良く分かりますが、これらをメール書くのはNGです。
もし相手があなたの今の状況を知りたいのなら、とっくに向こうからメールを送って来ていると思います。
復縁を目指すのなら自分の事を語るより、相手の気持ちに耳を傾ける事が必要です。

 

 

別れ話を終えましょう

復縁を願っている方の中で案外多いのが、自然消滅をしてしまい、実は別れ話が終わっていない場合があります。
曖昧のまま、疎遠になってしまっているのなら、今後の為にもちゃんと話したいそんなメールを送るのも手です。

 

男性側も、言われてみれば……と、再び会うきっかけになる事もあります。
また、ケンカ別れをしてしまっている場合なら、どうしてもモヤモヤするから仲直りしてから別れたい、そんな言葉でメールをしてみましょう。
一度離れる事に決めたとしても、その別れ方で復縁の可能性がぐっと上がるのです。

 

 

ありがとうは誰でも嬉しい

誰かに「ありがとう」と言われてイヤな気持ちになる人間はまずいないと思います。
挨拶と同じでとても気持ちの良い言葉ですね。
この「ありがとう」をもっと伝えると、相手を幸せな気持ちにする事が出来ます。

 

例えば、
「今までいろんな思い出を作ってくれて本当にありがとう」
「○○してくれたのはあなただけだったよ。ありがとう」
などのように、些細なことで良いので付き合っていた期間に関しての「ありがとう」を伝えるのです。
時間が経っていても構いません。
○ヶ月が過ぎて分かったんだけど……のように書き出せば、ようやく気付いたのか、と呟きながらもきっと文面を見て優しい表情になる事でしょう。

 

まとめ

どのような場合でも、絶対にしてはいけなのが“相手を責める事”です。
復縁したいと願うのなら、自分が変わらなくてはなりません。
相手は変わらない、それでも好きな気持ちは変わらない。これが事実です。

 

不満一つないカップルや夫婦はありえません。
好きな人を大切にするという気持ちを握りしめ、彼の心の扉の鍵を開くメールを送って下さい。

生年月日で、「彼と復縁できる可能性」を占います!
「彼は今、あなたのことをどう思っているか?」
「復縁するならいつか?」
も知ることができますので、復縁したい方も復縁を諦めた方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る